健康オタク

主に健康に関する情報を発信

花粉症の見分け方と治療法とは

f:id:kenkou110:20170608121602p:plain

【花粉症と風邪などの他の病気との違いとは?】

 

風邪と花粉症との大きな違いは、熱や喉の痛みなどにあります。風邪を引いた場合、熱が出ることがあります。花粉症で熱が出ることはほとんどありません。花粉症は風邪のようなウィルスによるものではなくて、花粉に対するアレルギー反応を意味します。

 

ですので風邪と花粉症では、症状が異なります。また、喉が痛む時は花粉症である可能性は低いです。花粉症の場合、喉はかゆくて仕方ないような状態になったりすることはあります。また頭がボーとするような感じがします。

 

【花粉症の大きな特徴について】

 

決まった季節になると花粉が飛ぶのと同じような時期に目がかゆくなり、鼻水がでるようになります。特に目がかゆいのは特徴で、多くの花粉症の方は共通して目がかゆくなります。

人によってどの花粉に反応するかは違いますが、大体春くらいになると花粉症を発症します。人によっては一年中花粉症の人もまれにいます。

 

近頃では、年齢に関係なく花粉症になります。なので、花粉症の症状はある意味同じような感じではあります。くしゃみが多くでるのも、花粉に対する体のアレルギー反応です。もともと体内に不必要な花粉を体から出す働きが、目がかゆくなったりくしゃみが出るような反応となってあらわれているのです。ですので花粉症はある意味体の自然な働きによるものではあります。ただし、過度にアレルギー反応がある時は注意が必要です。

 

【花粉症で注意すべきこととは?】

 

なんといっても帰宅したら玄関の前で花粉をよく落とすことです。花粉を家の中まで入れてしまうと帰ってからもずっと花粉症の症状がとまりません。また、外出時にはマスクをすることも大切ですね。

 

意外と知られていないこととしては、どの花粉に反応しているか調べて体質改善をすることなどがあります。これは食事などを工夫することで、特定の花粉に対するアレルギー反応を少なくすることができます。

 

花粉症の初期の症状の時は、定期的に目を洗って、うがい、鼻水をよくふき取ることです。どうしても症状がひどくなる場合は、目はゴーグルなどをする必要があります。年間通して花粉症の人は少ないので我慢しましょう。

 

また、ハッカなどを含む飴も効果があります。喉や、鼻をスーとして通りが良くなります。この程度で済むならラッキーだと思って試してみて下さい。また、これは予防でもありますが、自分の花粉症になる時期の前に早めに対策を講じておくことが良いです。こうすることで、花粉症をひどくしなくて済みます。

脳梗塞にならない為には

f:id:kenkou110:20170512145413p:plain

 

【普段から出来る脳梗塞予防とは?】 

普段から食事などの節制した生活をすることが大切です。特にタバコとお酒は控えるようにしましょう。少量でも人によっては脳梗塞の原因となります。意識していない方が多いですが、注意が必要です。また、医師などから言われたら必ずやめるようにしましょう。

 

また、高脂血症や、糖尿病の方は脳梗塞になりやすいです。これらの病気をもっている方は特にお酒等はやめることです。糖尿病とお酒は密接な関係があります。そもそも脳梗塞とは脳の血管がつまった結果なる病気なので血液をさらさらにするような食生活が予防としては良いです。例えば、オニオンスライスなどは、血液をさらさらにする効果があり、脳梗塞の予防になります。大切なことは長い目で考えて脳梗塞にならないように生活することです。

 

【脳梗塞とはどのような症状か】 

代表的な症状としては、右ないし左の手足のしびれなどがあります。これは脳の左脳と右脳のどちらかの血管がつまった時に起こる症状です。脳梗塞は時間とともにリスクが高くなる時があるので、しびれを感じたら医師に診てもらいましょう。早めの対処が重要になってきます。

 

また、普段と同じように普通に話しができなくなったりすることもあります。ろれつが回らない感じになります。ひどくなると人の言っていることも理解しにくくなります。これらは、本人が気が付かない時があるので、まわりの人で気が付いたら本人に教えてあげましょう。早めに対処すれば脳梗塞はかるくて済むこともあります。

 

【具体的な脳梗塞の治療について】 

脳梗塞になった場合どのような治療がされるのでしょうか。これは、脳梗塞の状況によって異なります。具体的には、脳梗塞になってからの経過時間が関係してきます。内容としては、血栓を溶かす薬を処方されます。

 

または、血液の凝固を抑える薬を処方されることもあります。どちらにしても、脳のつまった血管を出来る限り血液が通るようにします。

 

【脳梗塞になったら注意すること】

脳梗塞な場合、どの程度の症状かによって注意事項がだいぶ異なります。重症の場合は、今まで出来ていた簡単なことも出来なくなります。こういった場合、出来る限り早期に治療を開始することが必要となります。

 

また、リハビリも普段の生活の中に取り入れていくことも必須となります。また、メンタル的にストレスとなることがあり、まわりにいる人のサポートも重要となってきます。時には、患者に積極的に話しかけてあげると良いでしょう。

美容に効果のある食べ物とは

f:id:kenkou110:20170502152611p:plain

【アセロラの美容効果とは何か】 

美容効果の高いとされている食べ物は結構ありますが、その中でアセロラは人気の高い健康食品です。アセロラはゼリーや飲み物などが代表的な健康食品ですが、美容効果がかなりあります。実は、昔から研究されてきた食べ物で今では世界的に知られています。かなりの人が一度は食べたことがあると思います。

 

また、アセロラを摂取しても副作用がほとんど無い為、安心して利用できます。味の方も少し酸味があり、フルーティーで美味しいです。多くの方は抵抗なく使用することができるでしょう。主なアセロラの効果は、美肌効果などがあげられます。長期的に使用すれば、他の人から若くみられることもあります。また、かぶれなどの跡なども修復してくれる効果もあります。

 

【潤いのある肌を実現する方法とは】 

潤いのあるあだをアセロラで実現するには、自分にあった量を定期的に摂取することです。一般的にはアセロラドリンクなどを使用される方が多く、結構早い段階で効果が期待できます。

 

使用し始めると、肌がしっとりした感じになるのが特徴です。人によりますが、アセロラ特有の臭いや味に抵抗感がなくて継続して利用していると、潤い肌を手に入れることができます。全身の肌が以前と比較してはりのある肌になります。

 

【意外と知らないアセロラの効果】 

アセロラは美肌効果もありますが、実は疲労回復にも効果があります。普段の生活の中で少し疲れたなと思った時に、アセロラドリンクを飲むと疲れがとれます。ただし、アセロラは疲労回復がメインの効果ではないので、本当に疲れた時は別のものを使用した方が良いでしょう。

 

アセロラドリンクの特徴として、お肌のケアをすると同時に疲労回復にも効果があるので、オフィスなどで働く女性の強い味方となります。また、アセロラにはエアコンなどで乾燥した部屋にいる方の乾燥肌を守る効果もあるので一度試してみると良いです。

 

 

【アセロラの上手な利用方法】 

一日数回か、定期的にアセロラを摂取すると良いです。これは、人によってかなり開きがありますので実際に徐々に使用し始めて、様子を見ながら量を調整すると良いです。一番大切なことは必要以上にアセロラをとりすぎないことです。

 

お金もかかりますが、無駄なアセロラは体によい影響を与えないこともあります。ですので、アセロラを飲むタイミングや量は使用していく中で調整しましょう。また、アセロラには様々な濃度のものがありますので、そのあたりも注意が必要です。

すぐにできる肌あれ対策とは

f:id:kenkou110:20170502153027p:plain

【効果的な肌あれ対策は何?】 

肌あれ対策で効果的なのは、適度な運動と保湿液などを使用して継続的に肌のケアをすることです。様々な肌あれ対策はあると思いますが、運動をする人は意外と少ないですよね。運動が肌によいと言うのは盲点かもしれません。多くの人は、肌あれと運動はあまり関係がないと考えがちなのが原因です。

 

運動をして血行を良くすることで肌あれも少なくなります。特に寒い冬場などには効果的で全身運動にもなるので体に良いですよ。全身運動は免疫力を上げ肌にも良いです。

 

【どのような状況だと肌があれるのか】 

肌にとって一番よくない環境とは、暖房がガンガンについた乾燥した部屋の中になります。このような環境では肌は敏感に反応して乾燥してきます。特に長時間いる時は、注意が必要です。年齢によって差はありますが、基本的な肌あれの原因は変わりません。ただ歳をとるとより肌あれしやすくなるのは事実です。肌の保湿機能が下がる傾向がある為ですね。

 

また肌あれを改善する食べ物として果物があげられます。ビタミンを多く含む果物を適量摂取していれば、肌あれ対策となり多少乾燥した環境でも肌あれしません。果物ははりのある肌にしてくれます。健康的な体づくりには最適です。

 

【肌あれの多い人の特徴とは?】 

次に肌あれの多い人の特徴ですが、肌を露出している人が多いです。肌は何かで覆われていれば、乾燥をある程度防ぐことができます。露出していると肌から水分がどんどん失われます。なので、乾燥した環境で肌を露出している人は、乾燥肌になる可能性が高いと言えます。

 

また、かたよった食事をしていると肌あれになりやすいです。肌を潤す成分を多く含む果物などを摂取していないと長期的に肌あれになってしまいます。また、このような悪い環境を変えないでいると肌はあれている状態が当たり前になってしまいます。こうなると、肌あれを改善するのは難しくなります。

 

【肌あれ対策のポイントとは】 

もしも肌あれになってしまったら、規則正しい生活をして運動をしましょう。あとは、一日に数回保湿液を利用してください。それでも改善しない場合は、市販されているような皮膚用の薬を使用します。強めのぬリ薬はやめて肌に良いとされるものを選びましょう。

 

市販されている薬も多めにぬるのではなくて、少量で効果があります。ある程度長期的に考えて様子をみる必要があります。保湿液にしても、市販薬にしても効果がでるまで時間がかかります。

十二指腸炎の症状とは?

f:id:kenkou110:20170502154954p:plain

【十二指腸炎はどのような症状でしょう】 

具体的な症状としては、消化不良や胃の下あたりに違和感、痛みがあることがあります。また、人によっては症状がほとんどない人もいます。さらに吐き気や、嘔吐などの症状もあります。言い換えれば、胃炎に近い症状であると言えるでしょう。

 

かなり胃炎に似ている為勘違することがあります。ですが、部位が胃の下あたりになることが多いので十二指腸だと分かります。また、他の病気でも同じような症状であったりしますので気になる時は、医師に診てもらった方が良いです。多くの場合、早い段階で治療すれば比較的早く治ります。

 

【十二指腸炎の対処法とは?】 

ウィルスに伴った感染症の場合、抗生物質を投与します。数週間続けて投与することで完治させます。また、胃酸過多などを抑える薬も処方されることがあります。これは、十二指腸は胃のすぐ下に位置する為、胃酸を抑えることで効果がある為です。胃酸は想像している以上に強い酸性の液体です。

 

一般的なことになるかもしれませんが、タバコや、コーヒーなども控えるようにした方が良いです。刺激物は十二指腸にとっては大敵となります。症状があっても気にしないで、コーヒーを大量に飲んでいる人がいますが実は危険な行為なのですね。

 

【十二指腸炎で注意すべきこととは】 

十二指腸炎を慢性化さえないことが大切です。長期間治療もせずに放置していると、十二指腸を痛めることになります。慢性化するとなかなか治りません。炎症がひどくなった場合、よりひどい症状になることがあります。

 

ひどい嘔吐が続き背中に突き抜けるような痛みが伴ってきます。よって十二指腸炎は、違和感がでてきたらすぐに適切な処置をして、早いうちに完治させることが大切です。

 

【ひどくなる前にできる十二指腸炎の予防とは】 

普段から辛いものや、アルコールは少な目にしましょう。これらは十二指腸の粘膜をいためます。他の様々な病気の原因にもなります。アルコール等を継続的に大量に摂取した場合、炎症となるのです。問題として言えることは、初期の症状では、ほとんど分からないことが多いです。その間に欲望にまかせて摂取し続けることが問題です。

 

程度がひどくなる前の段階で発見することが一番大切です。なので、不快感などが胃の下辺りにある時は注意が必要です。予防の一つとしては、一般的にまわりの人がなる病気などに関心をもって知識としてもっていることが大切です。何かあった時に自分で判断しなくてはならないこともあります。そうでなければ良い医者を探すことです。

目を大きく見せる方法は何?

f:id:kenkou110:20170502154958p:plain

【どうすれば目は大きく見えるのでしょうか?】

 一つとしては、目のまわりのマッサージが効果的です。普段何もしていない人の目は、ふしめがちになっています。マッサージをすることでかなりの効果があがります。具体的には、目のまわりを指で円をえがくようにマッサージします。また、目をかるく指で指圧してあげるのもよいでしょう。

 

こうすることで目は少しずつ大きく見えるよいになっていきます。言い換えれば、もともとの目のサイズに戻ったと考えても良いでしょう。最近ではパソコンや、スマートフォンを見ている時間が長いために、疲れで目が小さく見えるよいになってしまいます。

 

【どのような理由で目が大きく見えるのか】 

目がマッサージによって大きく見えるようになるのは、目のまわりの血行が良くなったかからです。血行がよくなったことでしずみがちになっていた眼球自体ももとの状態に戻ります。

 

また、目のまわりの肌のはりもよくなって結果的に目が大きく見えるようになります。特に眼球の位置は大切で少しでも奥に沈むような位置になると、目が極端に小さく見えるようになります。人にとって目の印象というのは、非常に大切なので気になるところですね。

 

【だれでもできる目を大きくする方法】 

目を指圧して、少し目を大きくあけるようなトレーニングを一日数回やってみると良いです。目は、ふしめがちの状態が普通の状態になるとそのままになり、よりひどくなります。場合によっては、半分目を閉じているような目になってしまいます。

 

また、パソコンなどを見る時間も長時間になるのは出来る限りやめましょう。目は、疲れると奥の方へ若干移動しがちです。移動すると目全体がしずんだように見えて、目自体が小さく見えるのです。仕事などでパソコンを長時間使用する方でも工夫して、少しでもパソコンを見ている時間を少なくしましょう。

 

【どれ位目が大きく見えるようになるか】 

いままで記載してきたようなマッサージや、パソコン等を見る時間を調整すると数週間後には自分でも目が大きく見えるようになったのが分かります。さすがに数日では効果が出ないかもしれません。ですが、継続して数週間やっていくことで明らかな違いとなるのです。

 

目が大きく見えるようになったらすぐにマッサージをやめてよいかと言う問題ですが、継続してください。マッサージは目の疲れをとるだけでなく、ストレス解消にもなるので非常に良いですよ。かなり目が大きく見えてきて問題なさそうであれば、マッサージなどをする期間をあけても良いでしょう。

役に立つ心臓病の知識とは

f:id:kenkou110:20170502154957p:plain

【一般的な心臓病の対策とは】 

心臓病の症状で不整脈というものがあります。これは、心電図等で発見されることのある病気です。または自覚症状で分かることもあります。対策としてホルダー心電図の検査を行って長時間における不整脈の傾向を調べたりします。

 

また、内科的治療として、抗不整脈薬を投与することがあります。そして、経過観察して実際に不整脈がどのような状態に移行するか確認します。対策として、大切なことの一つとして適切な運動などがあげられます。また、不整脈はストレスにともってひどくなる傾向もあるので、過度なストレスを受けないようにしましょう。生活環境を上手に変えることも良いです。

 

【心臓病の種類と症状】 

心臓病で代表的なものとして狭心症があります。突然、心臓がしめつけられるような痛みがあります。かなり頻度が高い人もいますので、狭心症かなと思ったら医師に早めに診てもらいましょう。突発的にひどい狭心症になることがあるので、普段から心臓に注意を払っておくことも必要です。

 

また、狭心症は心臓病の中では軽度の分類になりますが、心筋梗塞に発展したりする可能性もあるので、長期間放置しておくことはやめましょう。治療としては、ニトログリセリンを必要な時に投与することなどがあります。普段なんでもない時は、必要ありませんが、心臓の痛みをおぼえる時はニトログリセリンを投与すると楽になることがあります。一般的には、ニトログリセリンは何かあった時用の薬で常に飲むものではありません。

 

【意外に知らない心臓病対策】 

心臓病で大切なことは普段から心臓に負担のかかることをしないことです。心臓病になってしまった方は、負担を出来る限り軽減する必要性があります。また、生活全般を見直して、どうすれば健康的な生活が出来るか判断することが大切です。

 

まだ、心臓病の症状がでていない人などは、平素から心臓を強く維持する工夫が大切です。例えば、ある程度負荷をかけた運動を定期的に行うことなどは有効です。心臓を普段から適切に働かせていれば、いざという時でも心臓はひどい症状にならずに済みます。

 

【心臓病のリスクを最小限にするには?】 

やはり、食事制限が大切になります。心臓は沢山の血管や筋肉で構成されていますが、血管が詰まってしまえば心臓病になります。

 

冠動脈が詰まってしまえば、心臓への栄養などの供給が普段より減ってしまいます。これが原因になって心筋梗塞になります。なので、いつもコレステロールの高いものを控えめにするように心掛けることが大切です。